歴史

創業

享和3年(1803年)
京菓子の名門と謳われ、一時は江戸にまで名を知られた菓子司・亀屋良安(三条通小川)が火事で焼失。当時番頭を務めていた文平が、暖簾分けするかたちで創業。初代は良質の水を求め、四条醒ヶ井の地を選び、以来この地に於て営業。
『上菓子屋仲間』
当時幕府は銀の海外への流出を防ぐため、砂糖の使用を制限していた。
砂糖の使用を認められたお菓子屋は「上菓子屋仲間」を結成し、その一員として営業を行っていた。
上菓子屋仲間は、明治・大正期には「菓匠会」に発展し、今日に継続する。

三代目亀屋専助へ出された上菓子屋仲間の株札(右)と添証文(左)


昭和21年(1946年)
第二次世界大戦中は全同業者同様、企業整備や原料統制の為休業に追い込まれたが、この年の秋に店を再開。六代目当主は、日本画の心得を生かして独創的な商品を多数生み出し、現在の発展の基礎を築く。

現代

平成3年(1991年)
七代目が社屋を新築。昭和37年の地下鉄工事の影響で枯れていた井戸を掘り直し、 「醒ヶ井」と名付けて再び菓子づくりに用いる。
平成6年 (1994年)
京菓子手作り体験教室を始める。

平成22年(2010年)
京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」とコラボレート商品を展開する。

平成23年(2011年)
パリの2ッ星レストランでシェフパティシエをしていた藤田怜美とブランド
Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA」を立ち上げる。

平成24年 (2012年)
京都のショコラトリー「Dari K」とのコラボレート商品を展開する。

平成28年(2016年)
6月 こころにも身体にも優しい京菓子、「吉村和菓子店」を立ち上げる。
11月 四条醒ヶ井本店 リニューアルオープン

菓匠会・百味会 会員

伝統

江戸時代から引き継がれてきた道具を今でも大切にしています。
当時の人々の息遣いを感じながら、日々新しいお菓子づくりに励んでいます。

菓子見本帳
砂糖が貴重な時代は店頭にお菓子は並んでおらず、見本帳をご覧頂きお菓子の相談、依頼を賜っていました。 今でもお菓子づくりのアイデアのヒントに活用しています。

木型
桜の木を用いた菓子型は200年経った今でも使えます。 生菓子や干菓子、羊羹に使います。
お客様のご要望にあわせた形もつくられてきました。


配合帳
創業以来の銘菓「烏羽玉」の配合も明記されています。 明治の配合帳には洋菓子の配合も記載されています。


行器(ほかい)
螺鈿の細工が施された菓子箱。
御所に献上するときに用いられていたようです。

Pick up

手作り教室

オンラインショップ商品一覧

お菓子の小噺

オリジナルブランド

Satomi Fujita

吉村和菓子店

sousou 和菓子になったテキスタイルデザイン

楽天ペイ



亀屋良長 株式会社

〒600-8498
京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
アクセスマップ

営業時間(9:00〜18:00) 年中無休(1月1日、2日をのぞく)

TEL:075-221-2005  FAX:075-223-1125

mail:info1@kameya-yoshinaga.com  お問い合わせフォームから

Copyright (C) 2011 亀屋良長. All Rights Reserved.